京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

あんなこと

遠藤

スタッフ紹介:紅一点

2012年3月18日(日)

紅一点の執筆者は、

リハビリテーション部のおっかさんです。

見た目はおっかさんって言うよりは、年を重ねてもお姉さんって感じがする元気な人です。

 

本当に元気で、いくつになっても健康優良児です。

病気で休むとか、熱を出すって事がまったくありません。

 

九州のおなごは・・・っていわれますが、

九州から来たこのおっかさんもそんな感じだと思ってください。

 

強いですよ、

セクハラしてくる患者さんがいたって、説教し返していたような人です。

 

リハビリテーション部がお母さん職員や子持ちの職員がすごしやすいのは、

このおっかさんが、パワフルに仕事をして、仕事しやすい環境づくりをしてくれたからなんです。

 

後は、わが部の管理職の中でも、良心の役割でもありますし、潤滑油にもなって、その上バリバリウーマンですね。

 

本人はいたって普通のつもりですが、真似は難しいですね。

 

見た目少しきつめの美人さんです(昔は、もっとキレイでした)。

とっても気さくで優しい元気な人です。

でも・・・甘くはないです。

 

私が、

「こら!」「なにしてんの!」っておこられることは、最近減ったかな?

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ