京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

土井

寒く冷える季節だから・・・②

2013年12月10日(火)

さて、ほんとうに寒くなってきました。

今回は、冷える季節だから・・・①の続きです。

 

寒い季節になると、動きにくさや硬さを感じる人が多くなりますね。

実際、躓いたり、転んだりする人が多くなるシーズンです。

動きにくくなって転ぶだけでなく、

動きにくくて受け身が取れず、うちどころが悪く骨折する人も多くなります。

そして骨折するところは、足の付け根や腰回りなど場所が悪い人も多く、

病気なく元気に生活されている人であっても、入院につながりやすい。

そんな動きにくさを解決するためには、ストレッチや運動習慣が必要になります。

 

どんな機械でも、機械が動きやすいように暖気した方が良いそうです。

今の車では、あまり神経質にする必要もないそうですが、

(それより、環境や迷惑対策の方に気を配る必要がありますしね)

以前は、寒い季節に車に乗る場合、暖気運転が必要だといわれていました。

人も同じ。

動きにくいシーズンだからこそ、急に動いたり、ちょっとだけ動くのではなく、

いつも体を暖めておくような、運動習慣が大切になります。

リハビリをしている利用者さんには、自主訓練としてそういったことを指導していますが、

本来ならば、体調の自己管理として、誰しもが気をつけておく必要があります。

そうやって、いつでも動けるように、体をアップしておいた方が調子がいいのです。

人間にはアイドリングストップではなく、積極的なアイドリングが大事ですね。

 

A6500

自主訓練としてやろうとすると、

なかなかやる気もそがれやすい。

誰しも必要な、体調管理として、

ストレッチや運動をしてみてはいかがですか?

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ