京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

土井

短期集中プログラム

2013年10月17日(木)

ここ数日で、ちょっと作業をしておりました。

開院から9月までの4ヶ月間の患者様に提供させて頂いたリハビリテーション計画について、

振り返ってみる作業をさせていただいたのですが、なかなか感慨深いものがありました。

その中で、ちょっと傾向として見られたものをご紹介。

①目標が(素人目にも)明確になっている方は、改善されるケースが多い。

②自主トレーニングや生活の中での運動量が確保される方は回復しやすい。

③家庭内に役割を持っている人の方の方が改善しやすい

④短期集中プログラムでは、回復が大きい。

などなどです。

 

さて、④短期集中プログラムについて。

御所南リハビリテーションクリニックでは、月数名分の枠となりますが、

指定された期間(2週間・1か月)にほぼ毎日(※1)、

決められた時間(※2)のリハビリと身体状況に合わせて設定した自主訓練を

集中的に行うリハビリテーションを短期集中プログラムとして、実施しております。

(※1:プログラムによって曜日は異なります  ※2:基本的に時間帯が決まっており変更できません)

 

これは、集中的に取り組む1か月で、回復のステップを無理やりでも1段上がろうという、

御所南リハビリテーションクリニックが提案する攻めのリハビリです。

「磁気刺激」に加え、「ボトックス治療後」「促通反復療法」「LSVT」などのプログラムを用意しております。

実施には、疾病や身体状況など条件がプログラムに合致する必要がありますので、

受診される際にお声掛けいただければと思います。

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ