京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

へんなこと

遠藤

なんで?って

2012年12月19日(水)

むすこが、「なんで?」と質問することが多くなりました。
でも、見ていると、その質問は、
「何で?」という言葉通りの意味ではなくて、

 

「今の状況が受け入れられないから、違う答えを言って。」と言っている
と思うことが結構多いです。

 

飼っていたバッタさんのお墓を作って「さよなら」した時も、
そのバッタさんが何で動かないのか?さよならするのはなんで?っていうのもあったのですが、
テレビ番組が終了して、もう終わったから見れないって時も、なんで?
イベントが終了してお片づけになっていて、さあ次へ移動と言うと、なんで?

 

なんで?って聞かれて、
説明して、でも、説明は聞かなかったことにして、再度なんで?
って感じになります。
これが、割としつこい。
きっと現実を受け入れられないから、受け入れたい現実に変えて欲しいと願っているのでしょう。
でも、今ある現実は変わりません。

 

患者さんでも同じです。
つらい現実を受け入れられないので、
いくら正論でも、正しい予測でも受け入れられないことが有ります。
でも、現実が変わるわけでは有りません。
…でも、取り組み次第で後の生活が変わるのも現実です。

気持ちを切り替えて頑張って欲しいと願います。

 

受け入れられないのは、心の防衛反応だと思います。
より大きな気持ちで、その方の心を支えられたら、
その防衛反応を乗り越えて、その現実を受け入れられるようになると思っています。
悲観するのは本人だけにしておきたいです。
周りに居る私たちは大きな心で受け入れて、患者さんが未来を作るために、支えていく力になれたらいいな。
今ある現実を、漫画みたいな奇跡は起こせませんが、よりよい現実に少しでも変えるために。

 

大きな心持てたらいいな

力になれたらいいな

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ