京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

あんなこと

土井

京ことば

2012年1月26日(木)

私は、京都ではない関西の田舎地方の出身ですが、

はやいもので、

学生時代も含めると、人生の半分程度を京都で生活しています。

(といっても、まだまだ若造ではありますが・・・・)

子供の頃から、京都と神戸に憧れを持っていたこともあって、楽しく過ごせています。

 

タイトルの京言葉ですが、

学生時代は、なかなか気にも留めませんでした。

仕事を始めてからは、高齢な方と接する機会も多くなり、

京言葉の意味や使い方を徐々に知り、

今となっては、自分の話す言葉は、京言葉風になってきたように感じます。

 

京言葉は、柔らかさや余韻が特徴的ですが、(そこが私は好きです)

京都弁自体が、相手を思いやるような言語という特徴もあります。

ですので、

京都弁を使うと、丁寧な言葉を話すことができます。

そこが「冷たい」「なに考えているかわからん」という印象にもなりやすいですが、

丁寧語・謙譲語・尊敬語などの区別を意識しなくても、

失礼にあたることがほとんどありません。

 

京都に訪れる方や住むことになった方には、

そのあたたかい京言葉を感じていただければなぁと思っています。

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ