京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

へんなこと

土井

印象に残る言葉③ -自分が動きなさい-

2012年7月28日(土)

前回の-手を鍛える-にも書きましたが、

とある厳しい先輩(私にとっては師匠ですが)から指導され、

体を張って、師弟もかくやという感じで徒手療法を中心に叩き込まれました。

そのときに、何度も言われたことは、

自分の下手くそな技術を戒めるための「大事なポイント」となっています。

 

その中で、しつこく言われたことは、「自分が動きなさい」でした。

〇〇法というような技術を練習していると、

見本の通りに動かそうと必死に手を動かしてしまいます。

また、見本通りに相手が動くようにと、自分都合に動かしてしまいます。

そんなとき、

「相手を自分都合に動かそうとせず、あなたが動きなさい」

「あなたがちゃんと動いたら、相手は自然といい感じで動かせる」

ときつく言われました。

それは、

自分が何となく腰掛けたり、立ち止まった位置から相手を動かそうとすると、

自分にとって、動かしやすい範囲や届く範囲、やりやすい動きをしてしまう、

ということでした。

技術を正しく使う・・・例えば、目的とする動きを相手にさせる、

目的とする動きをさせるには・・・その動きに合わせて自分が動く、

自分がうまく動けば、相手は自然と動かすことができる。

そんな感じでしょうか。

仮に、筋力的に無理な姿勢だとしても、それが必要であるならば、体を鍛えなさい・・・とも。

 

そのしばらく後、Vojta法をみっちり教わったときも、

先日、川平法の研修で霧島リハで教わったときも、

「あなたが動きなさい」「相手にあわせなさい」ということは、

再三、指導されることでした。

どんな手技でも、大事なことは似通っているということで、

それを自然とできる人が、技術やセンスがあるということかもしれません。

 

そして、私が人に教える機会に恵まれたときには、

やはり、同じことを(自分にも言い聞かせながら)指導することにしています。

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ