京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

あんなこと

遠藤

いろんな顔持ってますか?

2012年6月20日(水)

 

人には、いくつかの顔があります。

 

仕事で顧客と居る時、職場の同僚と居る時、

友達と居る時、家族といる時、見ず知らずの他人と居る時、
それぞれ違います。
そして、それぞれ違う自分を出せる瞬間があるんです。
逆に、それぞれに、違うことを我慢しています。
我慢し続けることはあまりいい結果を産みません。
家庭で介護する上で、真面目な方ほど自分がしてあげないとって、
一日すべてが、家事と介護で時間が埋まってしまいます。
これでは、家族と居る自分以外は出せなくなってしまいます。
それでしんどくなって、家族や自分にあたってしまいまい、
上手く続けて行くことができなくなります。
 
 
そして、もう一人家族と居る自分しか出せなくなった人が居ます。
それは介護が必要になったその人ですね。
 
 
介護する方の負担軽減の為にって、介護サービスを勧められると思いますが、
それは、同時に介護が必要な方の負担軽減でもあるんです。
 
 
デイケア(通所リハビリ)に勤務していた頃にも、
デイケア中は、柔らかな明るい人が、
帰りの送迎バスから降りると家の長として、キリリっとした表情になる人や、
家では、片付けひとつできないのに、デイケアでは世話好きだったりする人が居ました。
 
 
家族に見せる顔と、他人に見せる顔は違います。
そうやって、気持ちにメリハリつけたり、緩急つけているんですね。
 
 
介護する時、家にこもったきりにならないようにしましょう。
それは、あなたも、介護が必要なその人も。
 
 
 
それぞれに知らない顔は必要ですね。
 

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ