京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

そんなこと

遠藤

如月

2016年2月01日(月)

2月は如月(きさらぎ)と申しますが、この語源は説がいくつかあるそうです。

  • 旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」
  • 草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」
  • 前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」
  • 陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」

ウィキペディアより

こうしてみても、寒さと暖かさの境目の月というところでしょうか?

でも、何か感じる空気が変わるそんな季節でもあるのでしょう。

春を待ち焦がれる季節とういうところでしょうか。

寒くもあり暖かさも感じる。植物も春に向けて少しずつ準備を始める。

これからを感じる月です。

窓から見える景色、散歩で見られる草花、何気に聞こえる鳥の声、何か変わりはありませんか?

ちょっと感じてみてください。

私は先週、八瀬の駅前を歩いていたらこんな変化を見つけました。

写真 (4)

梅のつぼみです。

少し開いているのがありました。

なんか、あたたかく感じませんか?

うれしくなりませんか?

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

アーカイブ

タグ