京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

そんなこと

橋本

「道を選ぶ」あるいは「1年の計」

2015年1月07日(水)

私の好きな映画の一つに

「セント オブ ウーマン scent of a woman 夢の香り」

があります。昨年あるスタッフの結婚披露宴でスピーチをしたのですが、その時のアル・パシーノ(私の世代はパチーノじゃないんです)のセリフの一節を拝借しました(勿論そのまま言ったわけじゃないですけど)。つい最近も週刊現代のコラムでそのセリフが紹介されていました。

 

「私はいつも正しい道がわかっていた」

この後に続けてパシーノ扮する盲目の退役軍人が言います。

「でもその道を選ばなかった。その道が困難だったからだ」

 

ということは、残念なほど賢くない人間でも、どれほど選択肢があろうが、正しい道は自ずと誰にでもわかるということになりますか。

 

要するに「しんどそうなのが、正解」ってことですから。

22年も前の作品ですが、映画館では見れずにビデオで見て以来、ずっと心がけてきた(つもり)ことですが、

 

「人間、易きに流れる」

 

と言うように、心がけるばかりでは駄目で、実際にどれだけ正しい道を選べたのか、というと心がけても心がけなくても結果に変わりなし、と言われても仕方ないくらいかもしれません。

かてて加えて、年齢的なものが正しかろうが正しくなかろうが、困難なこと、面倒くさいことを避けたがります(もともとそういう性分ではありますが)。

 

実は私の1年の計は、毎年今年どれだけしんどいこと(正しい選択)ができるか、なんですが。

振り返ってみるに年をとればとるほど、怠惰になっているような…

 

「今年こそ」と願うばかり初春かな(字余り)

 

次回私のブログは1/13です。

 

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

タグ