京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

へんなこと

遠藤

可能性あるかな

2014年10月08日(水)

完全に私事ですが、昨日、娘が生まれました。

これで兄妹合わせて3人、にぎやかになりそうです。

 

さて、リハビリをしていて感動すること、それは可能性です。

年齢性別関わらず、人間には変化する可能性があり、その可能性に感動することがあります。

もちろん可能性ですので、頑張ったのに結果として、達成できないということもあります。

でも、それでも、ほんとうに人によっては、当初可能性で見えていた以上に驚くほどできるようになる人がいるのです。

それを知っている。だからこそ、可能性が今までより少しはっきり見えてくると、ご本人以上にリハスタッフがムキになりがちです。

スタッフがついつい厳しい口調になるときは、きっとそんなときですね。

何か可能性が見え隠れしているのかもしれません。

 

今は何もできない。でも、これからいろんな可能性を持つ生まれたばかりの娘の姿をみて、そんなことを思い返しました。

そして、どう見ても弱い小さな体だけれども、実は未来に向けて大きなたくさんの可能性を持っている力強さを、小さな小さな娘から感じました。

 

今、何もできないから、これからもずーっと何もできないわけではないんですよね。

 

今日まで気づかなかった可能性。

自分では、自分の思考や思いや感情が先だって、見つけにくいんですよね。

誰か見つけてくれませんかね。

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

タグ