京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

こんなこと

土井

入院することと、集中的なリハビリをすること

2014年1月09日(木)

クリニックが開院して、半年以上が過ぎましたが、

集中的なリハビリを受ける機会に恵まれなかった人が多いことに驚く毎日です。

最近、クリニックの受診で多い依頼が、「リハビリのしなおし」

たとえば、

脳卒中などで救急病院に入院して、

退院する時に紹介された回復期病院は遠いからと、

リハビリ専門科以外の病棟に入院してしまうことによって、

回復期と比べて、とても少ないリハビリしか受けられなかった方や

比較的軽症だからとリハビリ回数も少なく、早めに退院した方など。

のちに実際の生活を送る中で、

あのときリハビリがもっと必要であった・・・・と気づき、

受診されるケースが多くあります。

このような場合には、

クリニックには、2週間や1か月の間に集中的にリハビリをするプログラムがありますので、

そのプログラムで可能な限り対応させていただいております。

しかしながら、

保険診療の制度には様々な制約がありますので、保険を使ってできることには限りがあります。

また、リハビリ受ける場合には、

いろんな病気・けがで治療されている専門科から依頼を受けて実施する病院がほとんど。

以前のエントリーで5の「だいじなこと」のお話にもありますが、

リハビリを受けることを目的に入院される際には、

ちゃんと希望するリハビリが受けられるかどうかで入院する先を決める必要があります。

是非とも見学していただいて、病院でやっているリハビリを見て、

「こういうリハビリを受けたい」と先方の入院窓口の方に入院目的を伝えて、

受けられるリハビリにについて納得してから決めてくださいね。

ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

タグ