京都大原記念病院グループリハビリスタッフのあんなことこんなこと

へんなこと

橋本

自画自賛

2017年2月09日(木)

医療系の国家試験の日程が今月から3月の頭まで目白押しです。

私が受験したころは理学療法士や作業療法士の試験日程なんて1日だけでしたが、今は2日もあるんですねぇ。

 

あんなもん1日で済ませてほしいなんて考えてるのは私だけでしょうか。

 

世の中にはこの試験と言うものを受験者の自己採点に任せるべきとひそかに主張し、活動している者がいるのではないかと、私は疑っています。

 

試験の主催者側は採点は公平だと主張しているが疑わしい。百歩譲って主催者側が公平なら、受験者側だって公平だ。自己採点で何の問題もなかろう、などと表だって言いはしませんが、そう考えている人がある一定の割合でいるように思えます。

 

私がなぜそう思うかですが、簡単な話です。

 

自己評価を主張して、不満を言う人がいるからです。

「私はこれだけできているのに評価が低い(できてるかも知んないけど、できてないところもあるよね)」

「私はこれだけ頑張ったのに(他はもっと頑張ったんだよね)」

「あの人はあの程度しかできないのに、私より評価が高い(でもあの人はあれもこれもできるんだけどね)」

 

自己評価を主張する人って「人は見たいものだけを見て、聞きたいことだけを聞いて、言いたいことだけを言う」の典型と言ってもいいぐらい。

 

試験を自己採点しても何の公平性も担保出来ないように、自己評価も何の公平性も担保出来ません。

でも彼らは公平ではない、こんな評価は偏っていると言い、公平に自分たちの評価をするように要求します。

言い換えると自分の思い通りの高い評価でない限り、彼らは公平ではないと主張し続けるでしょう。

 

斯様に彼らはは「公平性」を主張しますがこれは嘘です。

 

何故なら自分の評価が低いと主張する人がいる一方で、同じように自分の評価が高いと不満を言う人はほとんどいないからです(過去通算で数百人の部下を持ったことがありますが、一人だけいました)。

「公平性」が目的なら自分の評価が低いと彼らが主張するだけ、同じように評価が高すぎると不満を言う人間が同数いてもいいはずですが、いません。と言うことは別に彼らは公平性を求めてるんじゃなくて、自分の評価がとにかく何でもいいので高ければいい自分の取り分さえ多ければいいってだけの話です。

 

ぶっちゃけどこの職場であっても、働く一人一人をちゃんと公平に評価できているかと言うと、それは「ない!!」と言えます(偉そうに言うべきでないとは承知しています)。

人や組織がやることなので、いつも適切とは言えません。

ですが並の人や組織なら公平であるようなバイアスがかかるはずですから長い目で見れば問題ないでしょう。

並以下の人や組織であれば勿論「不公平まかり通る」って話なんでしょうけど、そういう場合人にしても組織にしても長続きしないのも事実ですからこれも問題ないでしょう(民間に限ればの話ですが…。お役所になると話は別な気がします。最近騒がせている天下り問題なんかその一例)。

 

自己評価(採点)を主張する人たちに共通するのは、その自己評価が高いと言うことです。自分はこれだけできてる、これだけ頑張っているということです。

一方で自己評価を主張しない人はどんなことを考えているんでしょうか。

 

多分、「自分はこれが出来ていない」「自分はここが足りない」「自分はここが駄目」かな。

これをもう一歩進めれば、足りないところ、欠けているところ、十分でないところを何とかしようと努力する。

「自分は出来ているんだ」と言う人より更に伸びしろがありそうですし、有望な気がします。

 

まぁまぁそんなこんなで試験は受験者の自己採点に任せるべきと主張するちょっとおかしな人がいると推測するわけですが(自画自賛の人に対するほとんど嫌味と言うか皮肉ですけど)、皆さんはどう思いますか。

 

次回私のブログは2/16の予定です。

どんなこと

橋本

北風と太陽

2017年2月02日(木)

例えばファーストフード店にて

 

店「いらっしゃいませ、ご注文は」

客「チーズバーガーとコーラ」

店「かしこまりました。チーズバーガーとコーラですね。ご一緒にポテトはいかがですか」

客「いらない。チーズバーガーとコーラだけでいい」

店「かしこまりました。ご一緒にポテトはいかがですか。セットですとお得になりますが」

客「チーズバーガーとコーラ」

店「かしこまりました。ご一緒に…」

客「ごらぁ!! くぁwせdrfgthyじゅきおlp;@:!!!!」

 

まぁ普通は「いらない」となったら「お会計」に進むはずなんですけどねぇ。

 

介護保険制度において介護保険サービス事業所と居宅介護支援事業所があるのはご存知でしょうか。前者は訪問ヘルパーや訪問看護、リハなどの訪問系のサービスやデイケアやデイサービスなどの通所系のサービスを提供するところなどを指します。後者はそうサービスを利用者のためにマネージするケアマネージャーが在籍している事務所を指します。

 

介護保険サービス事業所は単体でもありますが、居宅介護支援事業所はサービス事業所に併設されている場合がほとんどです。

 

本来ケアマネージャーは利用者の意向に沿ってベストのマネージメントをしなければならないのですが、なんせサービス事業所にくっついて事業しているもんで、利用者にとって必要の有無なんか二の次、サービス事業所の営利第一と自分のところのサービスをなんとしてでも乗っけようとする残念なケアマネージャーも少なくありません。

 

利益誘導ならまだしも、マネージャーと言いながらマネージできないケアマネージャーもいますし。どこの事業所もまずは自分ところの利用者さん優先なので、他所の居宅介護支援事業所の依頼でのサービス提供は二の次ってことにもなります。

それを利用者の要望と必要に応じてどこのサービスでも引っ張ってくるのがケアマネージャーの腕の見せ所ですが、訪問看護が必要なのにもかかわらず、自分のところのヘルパーサービスを入れただけるで、訪問看護はどこもいっぱいですからねぇなんて言ってるだけの人もいるそうです。

 

先日、担当の患者さんのカンファレンスに参加した時の事を副院長が嘆いていました。

患者さん本人は若干心許ないながら一通り身の回りの事は出来るし、家事もゆっくりだが出来る。とりあえず家に帰ってみて様子を見よう。駄目ならすぐにでもヘルパーサービスを利用しようと言う話に落ち着きそうになると、ケアマネージャーがヘルパーの即導入を何度も主張してきたらしいです。

 

患者さんは頭の方もしっかりした女性だったらしいのですが、何度もヘルパー導入をケアマネージャーが主張してきて、ちょっと精神状態が不安定になったと聞きました。

 

程度の低いケアマネージャーだと必要の有無にかかわらず、自分ところのサービスをぶっこもうとするのも少なくないですからねぇ、まさかうちのケアマネージャーじゃないですよねなんて言っていたら、全国展開している会社のケアマネージャーでした。

 

ヘルパー事業だけでなく多方面に多角的かつ国際的に展開している会社なんですが、なんでも海外事業で滑りまくって、そのしわ寄せがサービスの押し売りに繋がっているとか。

 

何も自分ところの事業所に利益誘導することが悪いことだとは思いません。会社としてはそうするのが当然でしょう。

 

でも数字のノルマだけを掲げて達成させるように発破かければ、何も頭を働かせようとしないケアマネージャーであれば闇雲にサービスを勧めるだけの事になりかねません。

 

そうなれば会社の評判は落ちるだけで、サービスを使ってもらうどころの話ではなくなってくるんですが、海外事業どころか国内事業も危うそうです。

 

次回私のブログは2/9です。

へんなこと

橋本

結構降りましたね

2017年1月26日(木)

先週から寒い日が続いていますね。

寒いだけならまだしも、雪が降り積もったり、路面が凍結したりで、ユルユル運転する日が多いです。

 

どれほど雪が降り積もっていようとノーマルタイヤで行けるはずと考える残念な人が必ずいるお蔭で、早起きが続いていて睡眠不足でもあります。

 

「予測」というのは高度な知能を持った動物のなせる業と聞いたことがあったように思いますが、実はマウスでもそれが出来るとか何かで読んだ気がします。

じゃあ雪が降り積もる中でノーマルタイヤで出かける人は…。

 

本当は昨日、今日と鳥取島根へ出張の予定だったので年初の山陰の様子でもちょっと紹介できればと思ってたんですけど、この大雪でご破算になりました(内心ちょっとほっとしている)。

 

次回私のブログは2/2です。

こんなこと

遠藤

理屈だけじゃないね

2017年1月23日(月)

今日も雪ですね。

土曜日は子どもとスキーに出かけました。
久しぶりで滑り方を忘れた息子は、すぐ転けて「滑れないー」ってなってました。
細かい説明しても、「いー」ってなっちゃうので、あきらめて、「ヒザポンして」と伝えました。両手をヒザに置いて滑るよう伝えただけで、こけずに滑れるようになりました。
ちゃんと、前にいる人も避けて滑っていました。

 

理屈も大事ですが、ポイントをつかめれば、あとは感覚で調整できることもありますよね。
うまく動くためには、感覚をつかむってことも大事ですね。でも、これは理屈じゃなくて、動きの中できっかけを見つけるってことも大事かな。

 

リハビリで動作を身につけてもらう練習でも同じことを気にかけたりします。
「きっかけを与えて、自分でできるようになってもらう」って感じです。

 

楽しむ息子を見て、そんなことを思いました。

あんなこと

橋本

2017年1月19日(木)

名称未設定 2

写真は昨日病院の近くのコンビニから大原の郷を撮ったものです。

もやがかかっているあたりには写真では見えませんが川があります。

 

先週末から続いた厳しい寒さも一息ついたと思ったら、明日からまた寒波だと聞きました。

昨年と比較してちょっと灯油の減り具合が早いようです。

 

なんか全然写真上達しません。

 

一昨日作業療法室の反対側の壁に桜の写真が飾られてることに初めて気づいたのですが、見た瞬間に「あ、いいな」と思いました。そう思った次には自分だったらこんな構図で撮ろうなんて逆立ちしても思いつかないなと感じました。

センスないんでしょうねぇ。

 

誰が撮った写真かも知らないんですが、誰かわかったら(多分病院の職員の誰かだと思う)またデータいただいてここに載せることにします。

 

今しがた事務の人に聞きました。昨年入院していた患者さんの作品だそうです。女性の方でセミプロ級の腕前だそうで、桜の写真もどこかで賞を取ったものらしくて「道理でな」と納得しました。そういう方が入院していることを知らなかったのが私の不覚です。

 

患者さんっていろんな方がいらっしゃって、いろんな経験をしている方がいて、そういう方々とためで話せると言うのは、医療職の特典ですね(活かせてないけど)。

 

次回私のブログは1/26です。

 

こんなこと

遠藤

やっぱり雪

2017年1月16日(月)

今朝の「おおはら雅の郷」です。

IMG_1302

 

 

銀世界を見るにはきれいな景色ですが、

車でも歩きでも外を移動するには大変な道中になってしまいます。

 

通勤時、歩道はともかく車道は黒いアスファルトが見えていたのに、大原近辺になると急に車道が雪と凍結でえらいことになっていました。IMG_1298

 

そんなこと

遠藤

2017年1月14日(土)

IMG_1294今日は朝から京都市に大雪警報が出ていました。

 

大原では今も雪が降っています。

博寿苑の2階でリハビリをしている所からは、お昼にこんな景色が見えました。

山は白くなりつつあります。

※肉眼ではとても美しくみえたのですが…。

 

雪は降り続けていますが、今の所積もってはいません。白くなった屋根も見えますが、目の前の畑は白いところはまばらです。

 

ちなみに、目の前の茶色い土が見える畑が、夏はひまわりが、秋はコスモスがたくさん咲いていた、当グループで耕している畑です。

博寿苑2階のリハスペースもなかなか良い景観でしょ。

 

明日、お見舞いなどで大原へ来られる方は、十分足元を気を付けてください。

積もっているかどうかはわかりませんが、

道路は凍っているところがあると思います。

IMG_1297ちなみに、博寿苑1階のリハビリスペースからの景観はこんな感じです。

へんなこと

橋本

皆さんもう一度ご再考を

2017年1月12日(木)

先週末、新年早々にも関わらずある学校の先生から電話をいただきました。

 

今年卒業予定の学生さんが見学の際にことのほかうちの病院を気に入ったらしく、採用試験を受けたいと言う意向まで聞いていたのですが、年末に家族が反対していると雲行きが怪しくなり、先生から聞くところによると年明けどうやら親戚一同から反対されて、年末より憔悴した感じでとてもじゃないが「応募」まで行きつきそうもないと言うお話でした。

 

随分と先生には謝られましたが、元より先生には責任がない事。学生さんにも責任がない事。言ってみれば縁(えにし)がなかったと言うだけかもしれません。

 

ただ、学生さんとしてはうちの病院を大変気に入りぜひとも就職したいとほとんど熱望にも近い勢いだったらしいのですが、それを憔悴させるほどの身内の反対ってどうなんだろうと考えました。ご両親はそれほど言うなら、しばらくでもとは言っていたらしいのですが。

 

私も息子が「歌手になりたい」「映画スターになりたい」などと言い出したら「馬鹿こくでねぇ」で絶対反対でしょうが、セラピストになる、こんな病院で働きたい程度の事で子どもが塞ぎ込むくらい反対する理由なんて思い当たらないと言うか、その程度の事好きにさせたいと考えるけどなぁ。

 

私の父は商売人でしたが、「雇ってもらえるだけ有難いと思え、好きにしろ」でした。

 

過去にもブログでこんなことを書きました(♯01♯02

 

皆さんは自分の都合でお子さんの将来決めさせたいですか?好きにさせたくないですか?

 

驚くのはそんな電話があった午後。その学校から別の先生が直接謝罪にお見えになられたこと。陸路でなら5時間はかかるところからですよ。先に書きましたように先生方に責任はないと思ってるところにそこまでされて恐縮しました。

気になるのは先生方がそこまで気を使っていることを学生さん本人や、身内は知っているのかなぁと言うこと。多分知らないだろうし、知ったとしても「関係ない」なんだろうなぁ。

 

雇われて「働く」っていうのは、自分自身の考えで好きにできる部分と言うのは実はものすごく少なくて、本当に好きに選べるのは働く会社と言うか、事業所くらい(それさえ雇ってもらえたらの話)。たとえ望んだ職種だとしても望んだとおりの仕事ができるかどうかはわからないものです(望まなかった場所だとしても望んだ仕事ができる可能性もありますが)。

 

次回私のブログは1/19です。

そんなこと

遠藤

知らなかった

2017年1月09日(月)

昨日は、市民防災センターに行ってきました。

 

子どもの絵が飾られたということで、家族みんなで見に行きました。

ちょっと寄って、絵を見たら帰ろうと思っていましたが、いろんな防災体験や、実際のヘリコプターで操縦できるシュミレーターのゲーム、映像で見たり、実際に触れたり、子供用の消防士コスチュームを付けて写真撮ったり、いろいろできました。

子供たちと楽しみながらすごしていると、朝から来たのに、昼になってしまいました。

こんな施設があったんですね。

 

機会がないと知らないで過ごすこといっぱいあります。

機会はチャンスですね。

リハビリでも福祉でも、普段知らないことを何かのきっかけで知って、ずいぶん楽になることもあります。

 

機会は大事にしたいですね。

へんなこと

竹内

 書道de表具 OT室に登場!!

2017年1月06日(金)

OT訓練にて、書道は馴染みのあるアクトです。

しかしその書道を、一味違う、大人な雰囲気で、そして「雅」な印象を与える完成度の作品に仕上がりました。

実は、書いたのは全て患者さんです。

この木枠を木材から採寸、切断、金槌で釘を打ちつけ、和紙を木枠に張り付けしたのも

全てOT訓練として患者さんが実施しました。

昔大工さんだった方は、能力以上の立位姿勢でのこぎり操作をしたり、機能訓練では絶対に見ることのできない実用性の高い訓練ですね。

それが作業療法の魅力です。

表具2す。

表具


ページトップ

カテゴリー

  • あんなこと
  • こんなこと
  • そんなこと
  • どんなこと
  • へんなこと

新着情報

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

タグ