京都大原記念病院

☎075-744-3121

回復期リハビリテーション入院のご案内

全人的リハビリテーションの実施

当病棟は、身体的・精神的障害の軽減は勿論のこと、職業復帰や社会参加など、常に“全人的”復権(リハビリ)を視野に入れた治療・関わりを目指しております。

生活場面でのリハビリを重視

院内において、一日の行動の全てをリハビリととらえ、様々な動作(ベッドから降りたり、服を着たり、食事をしたり、自分の足でトイレに行ったり…)や活動を実際に行い、日常生活をうまく送れるように訓練を行っていただきます。

チームアプローチの徹底

医師をはじめ、専任のリハビリスタッフ・看護師・介護スタッフ・管理栄養士・薬剤師・医療ソーシャルワーカーなどが共同し、カンファレンスを通して各分野の計画を共有し、リハビリテーションプログラムを作成し、患者様おひとりおひとりの具体的なリハビリ目標に向かってサポートさせていただきます。