LSVT®LOUD&BIGのリハビリ(パーキンソン病の方へ)

☎0800-777-2615

LSVT®LOUD&BIG

LSVT®LOUD&BIG(Lee Silverman Voice Treatment)とは?
アメリカで考案された、特にパーキンソン病患者さんの「言語障害」や「運動障害」に効果が期待されるリハビリ訓練法です。所定の試験を通過したリハビリスタッフ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)のみが、施行を認められます。京都大原記念病院グループでは8名(平成28年5月1日現在)が正規の認定を受けています。

LSVT®LOUD 〜声を大きくする訓練〜

パーキンソン病の言語障害

【リハビリテーションの内容】
パーキンソン病の方は、気づかぬうちに小さな声になりがちです。
LSVT®LOUDは発話明瞭度の改善を目的に、意識的に大きな声を出すトレーニングです。
声を大きく出す習慣は身に着けることで、日常会話の改善を目指します。

【ホームエクササイズ】
セルフトレーニングや自己管理の習得を促します。

LSVT®BIG 〜動きを大きくする訓練〜

パーキンソン病の運動障害

【リハビリテーションの内容】
パーキンソン病の方は、自分が思う以上に体の動きが小さくなりがちです。
LSVT®BIGは、体を大きく動かすことを意識するトレーニングです。
集中して大きな動きを繰り返し、正常に近い動きの獲得を目指します。

【ホームエクササイズ】
セルフトレーニングや自己管理の習得を促します。

対象者

パーキンソン病を有する方(ヤールⅠ~Ⅳ)

LSVT®LOUD&BIGを受けていただく前に、以下の適応基準に合うかどうか確認させて頂きます。
御所南リハビリテーションクリニックで外来診察を行い、適応基準を満たしているかどうかを判断致します。診察は『完全予約制』となっておりますので、診察日や必要書類など事前にご相談ください。お申込み状況によりお待ちいただく場合がございますので、予めご了承ください。

※お申し込み時にはかかりつけ医からの診療情報が必要となります。

  1. 症状が安定していること(服薬コントロール)
  2. リハビリや自主トレが意欲的に行える
  3. 声掛けのもと、動作の大きさに変化が生じること
  4. 短期集中リハビリテーションプログラムにより改善が見込める
  5. 週4回×4週間 計16回の通院が可能であること(※通院の方のみ
    (初期・最終評価を含め計18回)

これら5つの基準に合う場合にお受け頂けます。詳しくは一度お問い合わせください。

LSVT®LOUD&BIGについて

ご質問やご依頼は下記までお問い合わせください。
リハビリテーション全般に関するお問い合わせにつきましても、お気軽にご相談下さい。

御所南リハビリテーションクリニック
〒604-0971 京都市中京区(地方裁判所東隣)
フリーダイヤル:0120-77-5408
TEL. 075-254-7511 FAX.075-254-7544
HP. https://goshominami-clinic.jp/
京都大原記念病院 医療連携室
〒601-1246 京都市左京区大原井出町164
フリーダイヤル:0800-777-2615
TEL.075-744-2050 FAX.075-744-3126
HP. http://www.kyotoohara.jp